スキンケアしみしわくすみアトピー肌肌トラブルパラベン防腐剤化粧品アンチエイジング

スキンケアは、効果が実感できてこそ本物でしょ?おまけに副収入も♪

シミやしわ、くすみ、そしてアトピー肌など、 女性が抱える肌トラブルは、年々増え続ける一方です。 私たちがお届けする製品は「化粧品」ではなく、本物の「スキンケア」発想から生まれた製品です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラベンとは?



パラベンとは、


パラベン(正式にはパラオキシ安息香酸エステル)は、化粧品にもっとも広く使われている保存料です。


化粧水、ファンデーション、口紅、子供用の化粧品、男性のシェービングクリームや整髪料、
そして入浴剤に至るまで、ほとんどの化粧品に使われているといってもよいほどです。
しかも、使用濃度は1%まで認められています。これは、清涼飲料水の基準の、なんと100倍です。


パラベンは以前から、アレルギーを起こしやすいほか、
突然変異性、活性酸素を発生させてシミやシワの原因になることが指摘されていました。


加えて、98年になって、すべての種類に環境ホルモン作用の疑いがあることが、わかったのです
(大阪大学大学院薬学研究科で行われた酵母を使った実験)。


さらに、男性の精子を減ヘらす作用があることが、
00年12月に開かれた環境ホルモン学会で報告されました。
(実験を行ったのは東京都衛生研究所)


世界保健機構(WHO)は、パラベンを摂取しても健康に影響が出ない量(1日許容摂取量)を
体重1kgあたり10mgと定めています。


しかし、実験を行った研究員は
「それと同じか、あるいはそれ以下で、ラットのオスの生殖機能に有害な作用がある」と指摘しました。


パラベンが入っているドリンク剤や栄養剤を飲むと、
パラベンは分解されずに2時間以内に血中に高い濃度で
出てくることがわかっています。


仮にパラベンが含まれている化粧品を1日10g使えば、
最大で100mgものパラベンを皮膚にすり込んでいるわけです。


パラベンは、100人に3以上という非常に高い確率で
接触性皮膚炎やアレルギー性湿疹などを招く恐れがあると言われています。



また体内に入ると嘔吐やかゆみ、発熱、ヘモグロビン血症、肝炎などの
肝障害を引き起こすことでも知られています。


専門的な話をしますと、半数致死量は約2g、
つまり2g用いただけで半数を死シに至らしめるほど強力で、
これは第一次世界大戦でドイツ軍が毒ガスに使用した塩素の3.2gよりも
はるかに高い毒性を持っています。


環境ホルモンは、とりわけ胎児への影響が大きいことがわかっています。


そこで、これから子供を産む可能性がある若い女性は、パラベン入りの化粧品を避けるべきでしょう。


あなたが今お使いの化粧品やスキンケア用品をチェックしてみることをおすすめします。


化粧品も「環境ホルモン」の原因のひとつです。

マスコミでは語られない、化粧品の害



定期購入により、約30%もお得になります。

お友達を紹介してくださればキャッシュバックも!!

しかも使っているだけで会社から利益分配金を受けられる!!



★☆★カタログ、会社資料無料請求★☆★


スキンケア情報が一杯のランキングを見てみよ~(#^.^#)






スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://j1skincare.blog94.fc2.com/tb.php/3-b2014da1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。